子どもが審査するまちづくりファンド「こうちこどもファンド」

ファンド

子ども目線のまちづくりは、子ども目線でしか評価できない!

6月は研究室の調査で高知に行ってきました。

目的は、子どもが応募し、子どもが審査する「こうちこどもファンド」の公開審査会の見学!

こうちこどもファンドとは?

こうちこどもファンド事業は、高知市子どもまちづくり基金助成事業として平成24年から実施されています。この事業は、18歳以下の子どもたちが、自主的に高知のまちづくりに関するアイデアを提案し、それに対して市が最大20万円の助成金を出すという取り組みです。

応募する場合は、3人以上の子どものグループを構成するのに加え、サポートをする大人が2人以上参加していなければいけません。応募グループは、生徒会や子ども会、有志の集まりなど様々です。

子どものまちづくり活動への助成事業も全国的に珍しい事例ですが、「こうちこどもファンド」の一番の特徴は、子どもたちの応募内容を審査するのも子どもという点にあります。つまり、小学生、中学生、高校生などの18歳以下の子どもたちが、子ども審査委員としてこどもファンドの意思決定権を握っています。

当初は、子どもたちだけで判断ができるのかという不安があったことから、子ども審査員の導入は市内部で大きな議論になり、大人の審査員がメインで子ども審査員の意見は参考意見となっていました。しかし、実際に始めてみると、小学生の子ども審査員が堂々と高校生のグループに質問をしていたり、大人では到底気付けない視点での意見が出たりと、当初の心配は全くの杞憂となり、今は子ども審査員が実際の助成決定をしています。

こうちこどもファンドでは、設立年度に高知市が2000万円を積立て、市民や民間企業からの寄付も受付ける仕組みにしています。市民や民間企業からの寄付金は、多い年で年間300万円以上集まっており、寄付の額が多いことから、現状は寄付金だけで運営できていて、高知市の積立金はそのまま残っています。

子どもたちのプロジェクトに対しての助成金の上限は20万円で、100パーセント助成です。今回公開審査会にお邪魔した平成29年度は、6団体からの応募がありました。公開審査会では、その応募内容についてのプレゼンテーションがあり、中学・高校の生徒会、地域のこども会が中心となったもの、過去のこども審査員経験者がグループをつくって応募したグループなど、取り組みも様々でした。

公開審査会はガチンコ勝負!

例えば、防災食をテーマにしたグループ。

小学生たちから「南海トラフ地震が起こったときに食べるものがないと僕らは困る。だから地域の畑でさつまいもを育てて、防災食の備えをしたい!」というプレゼンテーション。

こども審査委員からは「さつまいもは育てた後、どこに保存しておくんですか?」「さつまいもは何個くらい育てるんですか?」などと鋭い質問が出ました。

大人の審査員だと小学生に甘くなってしまいそうな気もしますが、子ども同士だからこそ正直な疑問をぶつけている印象がありました。

「こども目線のまちづくりは、こども目線でしか評価できない。」

この言葉は、このこどもファンドの仕掛け人で、現在の審査委員長でもある卯月盛夫先生の言葉です。この言葉の意味を実感するような審査会になりました。

これまでの助成事業

「こうちこどもファンド」では、毎年おおよそ6〜10グループに対し助成をしていて、その活動も非常に多様です。これまでにどんな事業があったかについても紹介していきたいと思います。

例えば、平成24年度に、「PAPAS」という高校生グループが、町をきれいに明るくするために、落書き消し隊を結成し、商店街の落書きを消す活動をしました。この活動は、商店街を中心に地域を大きく巻き込み、地元のマスコミにも取り上げられました。そうした効果もあってか、商店街のシャッターにはその後落書きがされなくなったと言います。

このほかにも、平成26年度から平成27年度の3年間助成を受けた「瀬戸東町1・2丁目元気キッズ」では、子どもと地域の高齢者の交流会や、地元の民生委員などと連携し、子どもが自分たちで育てた野菜を地域の高齢者にプレゼントする活動を行いました。

「こうちこどもファンド」の最大助成年数は3年間で、「瀬戸東町1・2丁目元気キッズ」はその後の活動の継続が不安視されていましたが、サポートをしていた大人の力もあり、現在は自治会や老人会など様々な地域団体からの助成を受けて、活動を継続しています。

【助成事業を一部抜粋】

年度団体名活動テーマ活動内容
24PAPASGood Bye RAKUGAKI

(in our city)

地域の落書きを消すのに加え、落書き防止の啓発活動を行う
25大津子ども会連合会ミュージカルをつくって、見てもらい、みんながつながる町にしよう!!地域の人と一緒につくつミュージカル公演実施
25~27瀬戸東町1・2丁目元気キッズこどもからお年寄りまで仲良く元気なまちづくり〜とどけよう笑顔と元気・広めよう仲良しの”わ”〜自分たちで育てた野菜で、地域のお年寄りとの交流会を開催。

地域の介護施設や独居老人の自宅を訪問し、野菜をプレゼント

26NSPおたすけ隊まもれ、高知 自らの生命をまもり、我らの地球を救う Nankai Survival Project地域団体と連携し、防災啓発活動を行う
29にじいろ発見隊こども目線でやさしいまちをつくるはりやま橋小学校区のまち歩きとマップ作成

子どもの主体性が子どもによって審査される時間

「こうちこどもファンド」では、それぞれの助成事業・審査の2つで、子どもの主体性が重視されています。とくに、応募事業の審査をする公開審査会では、大人の登壇ができないため、子どもの主体性が子どもによって審査される場になっているとも言えるでしょう。

それぞれの活動における子どもの主体性は、大人のサポーターに委ねられる部分はありますが、公開審査会での子どもたちのプレゼンテーションを見ると、寸劇式のものや手作りの模造紙の発表など、どの活動も子どもたちの創意工夫によって提案されていることがわかります。

また、子ども審査員を経験した子どもが、活動する側にまわるという循環が生まれていることや、こどもファンドを通して活動した中学生が「高知のまちのためにまちづくりを勉強したい」と、高校進学段階での進路に影響を与えているなど、主体的に取り組む活動だからこその成果を垣間見えています。

コメント